池袋のSMクラブ


SMクラブも池袋風俗を語る上では、外すことが出来ないジャンルの性風俗といえるでしょう。
池袋のSMクラブの特徴としては、女王様という相手の女性側がS役で奴隷役がお客といったようなスタイルと、逆にご主人様のS役が男性客側で、奴隷役が女性といった2つのパターンを味わうことが出来ます。キャプチャ21
在籍している女性に関しても、S役とM役の両方が出来るという女性も存在していますし、女王様に特化している女の子や、逆に奴隷役のみに特化している女の子も存在しています。
男性客側が奴隷側である場合、ロープなどのアイテムを使った縛りといったものや、手錠などを使っての拘束や緊縛。
目隠しといったものをされ、基本的には肉体の自由を奪われるといったプレイから始まります。
そこからムリなどで打たれたり、ろうそくなどをたらされるといった肉体的な刺激を与えられることになります。
他にもアナルを責められたり、浣腸をされて、それを我慢させるといったようなことを女王様から受けることになるのです。
他にも聖水プレイといって、女王様からおしっこを掛けられるとか、それを飲むといったようなプレイを行う場合もあります。
女王様が直接ペニスを刺激するといったようなことはありません。
手コキもフェラも全身リップも当然になく、フィニッシュをする際も自身の自慰行為といったものでフィニッシュをするのが普通とされています。
こういったプレイでもM気質の男性の心を掴んだサービスを提供してくれるわけです。
逆にこちらがご主人様である場合にはM女性に命令をし、自分の思い通りに動かすことが出来ます。
前述にある女王様にされたことをM女性に対して行うということが出来ます。
首輪などにつないでプレイルームを散歩するとか、フェラをさせるといったこともプレイとしては行うことが出来ます。
ある程度のテクニックやSMの世界でのハマり具合によって選択すべき女性が違ったり、チョイスすべきお店が違っているというような特徴があることは覚えておきましょう。
池袋風俗を見てみると近年では無店舗型の性風俗店が急増している傾向が見られているのです。
これは池袋ばかりではなく、全国的に見られている傾向です。
まだ石原慎太郎氏が東京都知事であった頃、歌舞伎町浄化作戦と称して、日本最大の歓楽街である歌舞伎町の性風俗店を一斉粛清したというアクションを起こしました。
これに端を発して、全国の様々なエリアにおいて、ピンク街と分かるようなわかりやすい店舗のお店が、景観を損なうとの理由で営業をしづらい状況に追い込まれていったというのが、現在の店舗型風俗店の絶滅状態を招いた原因と言われています。
池袋もこの例にもれず、特に観光地になっているような施設の周辺の性風俗店は、ほぼ軒並みなくなっており、ちょっと外れたエリアへと移動しているというのが現状です。
店舗型の性風俗店はそもそも運用コストというものが無店舗型の性風俗店よりも掛かるものなのです。
ですから、こういった世の中の風潮を良い機会だと考え、無店舗型のデリヘルなどにシフトチェンジをしている経営者が池袋風俗でもよく見られているのです。
池袋風俗の場合、店舗と言っても、ただ受付がポツンとあるだけで、実際のプレイはホテルへというようなホテヘルのお店が増加傾向にあるようです。キャプチャ2

お客さんは電話を入れ、そういった事務所まで赴き、そこで在籍している女性のリストを閲覧できる。
またプレイなどのコース選択をそこで行い、指定されたホテルへと行き、プレイを楽しむといったケースですね。
こういった場合でも、その性風俗店と提携しているホテルへと赴く場合などでは、ホテル代が無料でプレイ料金のみで済むタイプと、別途ホテル代が掛かるケースとに分けられます。
池袋風俗の傾向を見てみると、別途ホテル代をきっちりと取られるのではなく、コストは500円だとか高くても1000円といった非常に低コストで済んでしまうというのがその特徴として挙げることが出来るのです。
無店舗型でもお得なものが多いというのが池袋風俗の特徴と言えるでしょう。

新着情報

◆2014/10/15
池袋のイメージクラブの情報を更新しました。
◆2014/10/15
池袋のエステ系風俗の情報を更新しました。
◆2014/10/15
池袋のイメクラ事情の情報を更新しました。
◆2014/10/15
★企業案内★の情報を更新しました。
◆2014/10/15
池袋のSMクラブの情報を更新しました。